水芭蕉が咲いた ー4月1月ー


日光植物園 (正式名称:東京大学大学院理学系研究科附属植物園 日光分園) は冬季閉園しています。開園日は4月15日ですが、その頃にはいつも水芭蕉が終わってしまっているということで、今年から4月1日と2日のみ特別開園となりました。雪が積もった朝でしたが、10時に出かけた時には殆ど消えていました。


A71_0008.jpg




A71_0062.jpg




A71_0026-2.jpg




A71_0053-2.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

紅葉情報 (憾満ヶ淵) ー11月4日ー


憾満ヶ淵 (かんまんがふち)に行ってきました。紅葉もたけなわで、朝から観光客がそこそこ居ます。カメラマンの姿も多く、聞けば数日前にテレビで紹介されたとか。美しい水の色を撮ろうと岩場に下りましたが、乾いて滑らない場所と濡れた苔でズルズルの場所が混在し、見た以上に危険……カメラと三脚で手が塞がっていたのでヒヤヒヤでした。


A31_0091.jpg




A31_0027.jpg




A31_0013.jpg




A31_0037.jpg




A31_0042.jpg




A31_0049.jpg




A31_0082.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
   

荒沢不動尊縁日の護摩供養 ー5月28日ー


荒沢 (裏見ノ滝) で行われた不動尊縁日の護摩供養を見てきました。日光修験を修める方々が山伏の装束で参加する様子を拝見しました。裏見ノ滝は先日、撮ったばかりなので (コチラ) 今日は、普段とは違う部分を集中的に掲載しようと思います。


普段はないお供え物がありました
_ABE0005.jpg



最後の橋のところにも……
_ABE0008.jpg



護摩行の準備が完了
_ABE0064.jpg



法螺貝の音とともに修験者たちがやってきました
_ABE0030.jpg



観瀑台の上は修験者と信者さんでいっぱいです:ちらと炎が見えます!
_ABE0152.jpg



滝裏の不動尊にも登って準備がされていました
_ABE0074.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

菅笠日限地蔵の大縁日 ー4月24日ー


1200年の歴史がある匠町の浄光寺に、菅笠日限地蔵 (すげがさひぎりじぞう) のお堂があります。昔、老いて働けないお爺さんが、田畑を耕せないことで奉行所に呼び出されないようお地蔵様に願ったところ、ある日のお地蔵様、足が泥で汚れていたのだとか……代わりにやって下さったのでしょう。そのような伝説から、期限付きの真摯なお願いが叶うお地蔵様として信仰されているようです。

この日は、大縁日と聞いたので、屋台でも出ているのかな?とお祭り感覚で訪ねてみました。しかし、境内はお参りをするご老人達のみ……みな、お線香の束をいくつも持って、たくさんある古いお地蔵様や観音様を巡っていました。ここ浄光寺においては、縁日とはまさに仏様との有縁の日であり、祈りを捧げる日だったようです。自分がちょっと恥ずかしくなりました。


_AAI0044.jpg




_AAI0053.jpg




_AAI0060.jpg




_AAI0061.jpg




_AAI0064.jpg




_AAI0066.jpg




_AAI0069.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

日光キャンドルページェント2016


2月10〜14日の5日間、憾満ヶ淵 (かんまんがふち) にて「日光キャンドルページェント2016」が行われました。日光では冬らしいイベントが色々ありますが、正直、どれも小粒な感じであるのは否めません。

とは言え、写真を撮るには絶好のシチュエーションだったので勇んで出かけました! 行きがけに神橋横を通ったのですが、そこから花火が見えるらしく、数名のカメラマンが三脚を立てて待っていましたので、私たちは敢えて花火は捨てました(笑)。



B0B_0052.jpg




B0B_0036_1.jpg




B0B_0027.jpg




B0B_0040.jpg




B0B_0058.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

石升の道 ー2月3日ー


憾満ヶ淵からの帰り道、石升の道 (いしますのみち) を通りました。匠町の通り (ココ) です。

湧水を利用した大正時代の水道だそうで、今でも木栓を抜くと水が出るそうですよ (飲めないけれど)!



TTT_0099.jpg




TTT_0094.jpg




TTT_0097.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

憾満ヶ淵 ー2月3日ー


憾満ヶ淵 (かんまんがふち) に行ってきました。並び地蔵が御目当てだったのですが、お天気が良かったこともあり遠くの山も綺麗に見えて川の景色が印象的でした。〜淵というわりには流れが激しく、名前がついた頃とは水量も変わったのかな?


駐車場から少し歩きます
TTT_0001.jpg



慈雲寺の門
TTT_0011.jpg



門をくぐるとこの景色
TTT_0017.jpg



今は昭和48年に再建されたお堂があるのみ
TTT_0020.jpg



天海上人の弟子100名が寄進したという並び地蔵
TTT_0036.jpg



迫力ある淵の流れ
TTT_0054.jpg



昭和46年に復元された護摩壇=霊庇閣より梵字の刻まれた対岸を望む
TTT_0059.jpg



霊庇閣の対岸には高さ2mもの不動明王像があったそう
TTT_0084.jpg




TTT_0067.jpg




TTT_0076.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   
プロフィール

Tamako

Author:Tamako
                     
四季の移ろいを撮りたくて
日光に引っ越しました。

歴代カメラ:
2013年秋〜SONY NEX-5D
2014年秋〜SONY α6000
2015年頭〜Nikon D5500
2016年春〜Nikon D7200 (サブ)
2016年夏〜Nikon D750 (メイン)
2016年夏〜Nikon D810 (サブ)

最新記事
カテゴリ
過去記事 (ALL)

全ての記事を表示する

検索フォーム
来訪者数
姉妹ブログ
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示