天狗岩大橋より ー4月15日ー


もう1週間前になりますが、久しぶりに湯西川の天狗岩大橋へ撮影に行ってきました。驚いたのはその水位! 心配になるくらい減っていた水の量が劇的に増え、満々と水をたたえていました。水面から顔を出す枯れ木も、いつもの1/4……頭の先しか見えませんでした。

そこへ行く途中に通った五十里湖も、水の色が青緑から黄緑になって水量が増えていましたので、雪解け水が土砂と共に流入したのかも知れません。4/12の時点で貯水率は92%とのこと(詳細はコチラ)、しばらく鬼怒川水系は安泰ですね。


A82_0096.jpg



夕日が差し込んで
A82_0117.jpg



谷間のここは突風が多いです
A82_0126.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 

紅葉情報 (瀬戸合峡) ー10月23日ー


川俣の瀬戸合峡を見てきましたが、見頃でした! ダム湖の青緑色とのコントラストが素晴らしいので、ぜひ晴れている時にお出かけ下さい。渡らっしゃい吊り橋には行きませんでしたが、行くなら全部で2時間くらいはみたほうがいいかも……狭い峡谷に作られたダム建築の凄さにも圧倒されました。紅葉に人工物が入るのは好みませんが、ここまでくると入れて写真を撮りたくなります。


A27_0062.jpg




A27_0078.jpg




A27_0071.jpg




A27_0085.jpg




A27_0095.jpg




A27_0112.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

紅葉情報 (蛇王の滝) ー10月23日ー


川俣の瀬戸合嬌近く、県道23号線沿いにある「蛇王の滝」に行ってきました。紅葉は見頃を迎え、錦秋の山肌に落差100mほどの白い滝の流れが映えていました。今回、初めて下まで下りてみたのですが、川筋の上流奥ではなく横から落ちている様が珍しく感じました。遊歩道や階段をきちんと整備すれば、もっと人気が出る滝だと思うのですが。


A27_0004.jpg
県道から覗き見える滝



A27_0009.jpg
古くて危うい急階段(右)を降りていく



A27_0039.jpg
広い河原は石が大きくて歩きにくい



A27_0040.jpg
滝が見えた!



A27_0013.jpg
鬼怒川の上流奥からではなく横から落ちてくる



A27_0037.jpg
紅葉も見頃でした



A27_0048.jpg
帰りの階段にハァハァです……







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

紅葉情報 (湯西川温泉) ー10月18日ー


湯西川温泉まで紅葉チェックに行きました。この日は鬼怒川温泉、龍王峡、川治温泉、湯西川ダム、湯西川温泉を通りましたが、この湯西川温泉がいちばん色づいていましたね。紅葉を目的に訪れたとして、これくらい紅葉していれば悪くないのではないでしょうか。この週末、お宿も空室のあるところが散見され、狙い目かも知れません(^_^)b

写真は、湯西川沿いの山々です。山肌には赤がまだ来ていませんが、温泉宿が連なる地区には橙〜赤になったモミジがたくさんありました。


A24_0399.jpg




A24_0397.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

紅葉情報 (天狗岩大橋) ー10月18日ー


湯西川温泉に向かう途中、県道249号線にある天狗岩大橋に寄りました。わりと有名な撮影スポットです。ダム湖に沈んだ町の電柱や道路が見える他、かつての木立が白化して緑の湖に林立している様子がフォトジェニックなのです。

紅葉は、ここも始まったばかりという感じでした。


A24_0377.jpg
中央付近にかつての電柱



A24_0381.jpg




A24_0372.jpg
湖に沈んだかつての道路



A24_0363-2.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

紅葉情報 (湯西川ダム) ー10月18日ー


湯西川方面の紅葉をチェックに行ってきました。鬼怒川温泉から国道121号線を上がったのですが、道中の紅葉はまだまだでした。川治温泉あたりで色づいた木も見ましたが、山としては "紅葉の気配あり” ていどです。そして最初に車を止めたのが湯西川ダム。夏にダックツアーでおりたダム湖です。全体としては "錦秋" ではないのですが、どこが赤くてどこが黄色いのか想像できるくらいは色が来ていました。


A24_0346.jpg




A24_0343.jpg




A24_0351.jpg




A24_0353.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

水陸両用車でダム湖へ! ー6月5日ー


湯西川ダックツアー」にて、ダム見学の次はいよいよダム湖へ入ります。8000万円はするという水陸両用バスに乗り込み、まずは一般道を降り口まで走りました。強風が起きるトンネルを窓なしバスで通り抜け、一般車両は入れない横道へ……ゲートをあけてもらっていざ湖面は目の前です。ドライバーさんが車のモードを切り替えると、ザバンザバンと水の中へ! 入ってしまえば後は静かなもので、とても滑らかにバス?は進んで行きました。


一般車両は入れない、湖へ続く道に入ります
_ABK0618.jpg



湖面が見えてきました!
_ABK0646.jpg



いざ突入!みんなで合言葉?を叫びます
_ABK0647.jpg



湖面レベルで見るダム湖内の景色です
_ABK0681.jpg



戻ってきました
_ABK0713.jpg



解散場所までの帰路で小鹿に出会いました!
_ABK0720.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
     

湯西川ダムの見学 ー6月5日ー


平家大祭を見に湯西川温泉に行った時、帰りに「湯西川ダックツアー」というアトラクションに参加しました。水陸両用車でダム湖を遊覧したり、ダム内部を見学できるとのこと、大人でもテンションが上がります。水陸両用車もダム見学も私には初めての経験で、本当に楽しかったです!


巨大建造物には装飾のないコンクリートの塊だとしても迫力を感じます
_ABK0569.jpg



川側:ちょうど放水中でした
_ABK0576_2.jpg



ダム側:ダムの貯水量はだいぶ少なかったです
_ABK0573.jpg




_ABK0597.jpg




_ABK0599.jpg



見られる内部はごく一部ですが、パネル展示などがありました
_ABK0605.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

湖中の骨林 ー6月5日ー


湯西川ダムが作られ、付け替え道路が作られた時、トンネルと橋が増えたそうです。その中の1つである「天狗岩大橋」で車を降りてみました。青緑色の湖面に真っ白な枯木立が林立し、異様とも神秘的とも言える不思議な景色が車窓から見えたのです。また橋の北側には別のトンネルがあり、小さな記念碑のようなものもあって興味を惹かれました。

写真はありませんが、その記念碑は "宮崎直二" さんという弁護士さんのお子さん達が、ダムや道路の整備完了を機にお父さんの功績を記念して建てたものでした。帰宅後に調べてみると、結審まで50年近い長期裁判となった「国有林野下戻訴訟事件」を担当した弁護士さんで、晩年は講談社の顧問弁護士をされていたようです。宮崎弁護士のおかげで、今の自然豊かな湯西川が観光資源として地元の人を支える今日があるのですね(^_^)


_ABK0566_1.jpg




_ABK0540_1.jpg




_ABK0554.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

平家大祭2016 ー6月5日ー


6月5日、いよいよ「平家大祭」当日となりました。出発は湯殿山神社、出陣式を行ってから30分ゆっくりと時間をかけて「平家の里」まで行列し、平家の里内で勝鬨、凱旋式などが行われます。地元の人も観光客もみな一緒になって歩く、ゆるい雰囲気の行列ですが、手抜きの無い衣装と一般公募の姫君たちの華やかさで大盛り上がりでした。


_ABK0240.jpg




_ABK0268.jpg




_ABK0338.jpg




_ABK0455.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    
プロフィール

Tamako

Author:Tamako
                     
四季の移ろいを撮りたくて
日光に引っ越しました。

歴代カメラ:
2013年秋〜SONY NEX-5D
2014年秋〜SONY α6000
2015年頭〜Nikon D5500
2016年春〜Nikon D7200 (サブ)
2016年夏〜Nikon D750 (メイン)
2016年夏〜Nikon D810 (サブ)

最新記事
カテゴリ
過去記事 (ALL)

全ての記事を表示する

検索フォーム
来訪者数
姉妹ブログ
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示