紅葉情報 (龍王峡) ー10月18日ー


数日前のことですが、湯西川温泉の帰りに龍王峡に寄りました。20℃以上も気温があったのにフリースなど着て行ってしまって汗ダラダラでしたが、いちおう最初の橋 (虹見橋)までは下りてみたのです。紅葉の見頃にはまだまだの印象でした。加えて残念なのは、修理中の虹見橋……冬じゃだめだったのかな。


渓谷へ下りる階段まわりはまだまだ緑
A24_0435.jpg



赤いけれど枯れてしまっているモミジ:今年はこういう木をたくさん見る
A24_0408.jpg



うーん、まだこれからかな
A24_0414.jpg




A24_0417.jpg




A24_0427.jpg



「投げないで」の "投" が地味に凝っている件
A24_0429.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

鬼怒川楯岩展望台 ー8月5日ー


冬にここに来た時は、数年前に崩落した楯岩の補強工事が続いていて、楯岩展望台には登れませんでした。もう工事は終わっているとのことで、夏らしく晴れ渡ったこの日、久しぶりに訪ねてみました。

前日までの雨で、あいにく川の水は濁っていましたが、展望台から景色を見るにはうってつけの青空でした。けれどとても気温が上って蒸し暑く、汗が滝のように流れ……やはり標高がないだけに奥日光のような涼やかさは無理ですね。



鬼怒楯岩大吊橋は140m、歩くと思いのほか激しく揺れます
AA3_0013.jpg



橋から上流を見ると70mもの高さの "楯岩"
AA3_0004.jpg



橋から下流の眺め
AA3_0010.jpg



修復が終わって開通した楯岩展望台からの眺め
AA3_0020.jpg



ここまで上がるのは10〜15分ほどですが結構キツかったです……
AA3_0025.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

白滝 (峠の茶屋) ー5月12日ー


日塩もみじラインの峠には「白滝」という滝と「峠の茶屋」があります。滝は小ぶりながらも形の良い滝で、こんな水音の近くで仕事のできる茶屋のご主人を羨ましく感じました。また供されるお蕎麦がこれまた絶品でしたので、食べ歩きの記事で詳しく書きたいと思います。



_AAV0048.jpg




_AAV0059.jpg




_AAV0067.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

太閤下ろしの滝 ー5月12日ー


鬼怒川温泉から塩原温泉を結ぶ「日塩(にちえん)もみじライン」という有料道路を走ってきました。紅葉の名所というだけあって、沿道の木立はほとんどがモミジやカエデ……秋にはさぞかし美しい場所になるのでしょうね。

鬼怒川から入ってすぐのカーブに、今回、楽しみにしていた「太閤下ろしの滝」がありました。秀吉が会津遠征をした際に、その滝のあまりの美しさに馬を降りてまで見た、とか何とか。秀吉って会津に行っていたんですね。調べたら、小田原城を陥して関東を平定した後に、奥州を治めるべく宇都宮から会津に入ったそうです。となれば、この滝の由来もあり得ますね(^_^)

滝までは遊歩道が整備されてい……るはずでしたが、橋の欄干はへしゃげ、立ち入り禁止ロープが張られ、素直な人なら引き返してしまう感じです。私たちは自己責任で進みましたけれど(^_^; 観瀑台も崩れかけていて、落ち着いて手すりに体を預けられない状態です。せっかくの美しい滝なので、どうにかハイシーズンまでには直して欲しいなぁ。



欄干が曲がって立ち入り禁止のテープが……自己責任で進みます
_AAV0005.jpg



見えました!
_AAV0019.jpg



観瀑台も隅が崩れています……滝壺の色がきれい!
_AAV0009.jpg



天気が良く木漏れ日がくっきり落ちていました
_AAV0023.jpg



流れる水の澄んでいること!
_AAV0032.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 

サクラ満開!鬼怒川温泉 ー4月8日ー


鬼怒川温泉で桜が満開!との情報を得て、さっそく行ってきました。鬼怒川温泉駅から金谷ホテルまでの桜並木も、近くの公園も、民家の桜もほとんどが満開で春に溢れていました。日光は古い町だからなのか、学校や公共施設以外でまとまって桜が植えられている場所はあまりないのですが、夜にはライトアップもされる護国神社はボリュームがあって写真映えしていました。曇天だったのが残念です(^_^;



鬼怒川護国神社
_AAA0151.jpg




_AAA0127.jpg




_AAA0130.jpg




_AAA0175.jpg



カメラ女子っぽく処理してみました
_AAA0155.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
    

野岩鉄道 ー3月17日ー


野岩(やがん)鉄道会津鬼怒川線」に乗ってきました! これは栃木県と福島県を結ぶ第3セクターの鉄道で「栃木県=下[野]国」と「福島県=[岩]代国」で「野岩」という名前になったそうです。わたらせ渓谷鐵道と並び日光起点に楽しめるローカル単線で、車窓ののどかさと言ったら折り紙付きです。

写真をとったポイントはまんま駅前と言ってもいい場所で、私のようににわかな撮り鉄 (!?) には楽しいうちに終えられてちょうど良かったです(^_^;



龍王峡駅ホーム:この電車で出発です!
R0R_0033-10.jpg



旅情をかきたてるボックス席
R0R_0042-10.jpg



ココから見下ろして
R0R_0076-10.jpg



AIZUマウントエクスプレス!
R0R_0097-10.jpg



湯西川温泉駅には温泉施設があり外には足湯もありました
R0R_0080-10.jpg



湯西川温泉駅ホーム:これに乗って帰りました
R0R_0141-10-2.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
  他の人気ブログも分かります!
    

鬼怒楯岩大吊橋 ー2月24日ー


鬼怒川温泉の名所「鬼怒楯岩大吊橋」を渡ってきました(ココ)! 鬼怒川の流れの美しさを楽しむだけでなく、思いのほか揺れるので、想像以上にはしゃいでしまいました(^_^)b 渡った先の楯岩展望台に続く遊歩道があったのですが、整備中で通れなくなっていました……残念。



橋の支えはこれが全て、と思うとちょっと怖いかも
F0F_0070.jpg



勢いよく歩くと意外に揺れます……
F0F_0072.jpg



街中とは思えない渓谷美!
F0F_0073.jpg




F0F_0081.jpg



せり出しているのが楯岩
F0F_0084.jpg



橋の真下……40mあります
F0F_0091.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

鬼怒川温泉ロープウェイ ー2月24日ー


鬼怒川地区を通るたびに気になっていた「鬼怒川温泉ロープウェイ」に乗ってきました。旅先でロープウェイやケーブルカーがあると乗らずにはいられない私です(笑)

国道121号線を走っていると何度も看板が目に入るのですが、毎度「……あれ、通り過ぎた??」という感じで場所が掴めずにいたのですが、それもそのはず国道沿いにある訳ではなく道路を1本、山側に入った場所にあったのでした(ココ)。あさやホテルの向かいなので、徒歩で行かれる方は迷いようがないと思いますが。

ロープウェイが着くのは丸山山頂、高さは300mほどですが鬼怒川温泉を一望するには充分です。おさるの山もありましたが、個人的にはしょっちゅう見かけるので「わざわざ、ここで……」という冷めた感じだったのですが、一緒に上がった学生さん達には大ウケだったようです。

全体的に "娯楽の選択肢が少なかった昭和時代の観光遺物" という雰囲気ではありましたが、鬼怒川温泉という観光地は今でも娯楽の選択肢が少なそうなので、これはこれでいいのではないか?という気もします(^_^; 山頂から始まる恋路沢のハイキングコースは秋の紅葉が素晴らしいそうなので、また秋に再訪したいと思います。



ここが入り口
F0F_0064.jpg



山頂までは4分弱です
F0F_0060.jpg



右がお猿が飼われているスペース
F0F_0006.jpg



右が女峰山や赤薙山、正面が鳴虫山あたりか稜線の重なりが美しいです
F0F_0008.jpg



展望台から北東方向:高原山(鶏頂山)と西平岳か
F0F_0017.jpg



何故だか希望に満ちた目をしている
F0F_0044.jpg



駐車場の向かいにある釣り堀:個人的にはこっちに興味を惹かれる(笑)
F0F_0066.jpg



隣の護国神社は桜が綺麗だとか
F0F_0067.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

龍王峡 ー1月31日ー


龍王峡は、鬼怒川温泉と川治温泉の間を3kmにわたって続く峡谷です。削られた岩の色によって上流から紫龍峡、青龍峡、白龍峡と名前を変えるそうですが、今回は白龍峡を訪ねました。

99段の階段と溶けかけた雪による足元の悪さにヤられて、ほんの入り口である虹見橋までしか行きませんでしたが、山水画を思わせる中国風の雰囲気と、岩と水の豪快さ! 思わず夢中でシャッターを切っていました。ハイキングコースも楽しそうですし、春夏秋冬、追いかけることにします(^_^)


虹見の滝
SSS_0081.jpg



正面から
SSS_0025.jpg



五龍王神社
SSS_0028.jpg



虹見橋
SSS_0032.jpg



水辺より下流方向
SSS_0063.jpg



水辺より虹見橋
SSS_0077.jpg



虹見橋より下流
SSS_0122.jpg



橋より上流
SSS_0138.jpg



中国の景色みたい
SSS_0145.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   
プロフィール

Tamako

Author:Tamako
                     
四季の移ろいを撮りたくて
日光に引っ越しました。

歴代カメラ:
2013年秋〜SONY NEX-5D
2014年秋〜SONY α6000
2015年頭〜Nikon D5500
2016年春〜Nikon D7200 (サブ)
2016年夏〜Nikon D750 (メイン)
2016年夏〜Nikon D810 (サブ)

最新記事
過去記事 (ALL)

全ての記事を表示する

検索フォーム