真っ白!霧降の滝 ー3月27日ー


前日からの降雪が意外に大雪になりました。日光市街地も降っていたので、これはもしや山の方はかなり?と思っていましたがここまでとは! もうすぐ4月だと言うのにまるで初冬のような銀世界。水含みのボタ雪だったせいか着雪も激しく、森の木々は幹から細枝の先まで真っ白……まるでファンタジーの中の妖精が住む森のようにでした。


滝への遊歩道は見事な着雪でまるで別世界
A68_0122.jpg



展望台に着いた時はかなり大粒の雪でした
A68_0001.jpg



雪のついた枝の絡みが雪の結晶のように見えました
A68_0048.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

日光の天気は読めない! ー3月20日ー


ここ日光市街地に引っ越してきて1年が経ちましたが、お天気は本当に読めません。まず、スマホに標準でついてくる天気予報アプリが表示する "日光の天気" はおそらく今市地区の予報です。日光市街地と今市地区は10kmほど離れていてるうえに標高も150m以上低いので、市街地のほうが気温が1〜3度ほど低いです。空模様に至っては、日光連山の影響を受ける市街地が曇っているのに今市地区はド晴天!なんてこともざらです。ですから、私は個人的に月額360円を払ってマピオンの「ピンポイント天気」を使っています。しかし、このアプリですら、奥日光や霧降高原などの山間部の予報精度は低いのです。結果「GPV気象予報」や日本気象協会「雨雲の予報 (栃木)」で天気図を見ることになります。そしてこれも当たらない大外れの時もあるのです。

3月20日の夜は、まさに天気予報各種に振り回されました。まずはGPVでは、夜中まで奥日光はクリアでした。そこで中禅寺湖に上がったのですが男体山は半分まで雲に隠れ、湖の西側は真っ白……稲光も見えました。ただ歌ヶ浜駐車場から見た空は、真上と東に星が見えたので、すぐにいろは坂を下りて霧降高原に向かいました。しかし六方沢に上がるまでは雪がけっこう降ってきて、正直、諦めかけました。でも一応、大笹牧場まで走ってみたら……満天の星空だったのです。なんだかねぇ(^_^;


AAB_4197.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   

一本桜の下見 ー3月8日ー


日光市内はとても広いですが、風景写真となり得る桜があまりないため、お隣の鹿沼市に下見ドライブへ。絵になる一本桜がたくさんあるとのこと……今回は電線や民家が入らないように撮影できそうな2ヶ所を選びました。咲くのが楽しみですね! ちなみに鹿沼市の梅は、どこも綺麗に咲いていました。日光市内はまだですけれど。


鹿沼市見笹の黒川添い
A66_0036.jpg



堰堤あたり
A66_0041.jpg



旧粟野町桑沢
A66_0057.jpg



樹齢は400年ほどだとか
A66_0076.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
↑ クリックして頂けると更新の励みになります (^o^) 
   
プロフィール

Tamako

Author:Tamako
                     
四季の移ろいを撮りたくて
日光に引っ越しました。

歴代カメラ:
2013年秋〜SONY NEX-5D
2014年秋〜SONY α6000
2015年頭〜Nikon D5500
2016年春〜Nikon D7200 (サブ)
2016年夏〜Nikon D750 (メイン)
2016年夏〜Nikon D810 (サブ)

最新記事
カテゴリ
過去記事 (ALL)

全ての記事を表示する

検索フォーム
来訪者数
姉妹ブログ
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示